ライフ・ターミナル・ネットワークは、

超高齢多死時代を迎える今、

ひとりひとりの「いきかた」を尊重し、

支援しようというメンバーが集まる活動です。


 年齢、性別、職業、収入……そんなものとは関係なく、誰にでも平等に訪れる“決まっている未来”。

それが「死」です。

 

しかし、超高齢社会を生きる私たちにとって、「死」はいつの間にか遠いものになってしまいました。

 

「死んだら終わり」「命あってこそ」。

そんな言葉が当たり前の世の中で、ある日突然、死を宣告されたら……。大切な人が死ぬと宣告されたら……。

あるいは、死がとても身近に感じられたら……。

 

人はどんな気持ちになるのでしょうか。

 

私たちは「生」を否定するわけではありません。

「命」を蔑ろにしているわけでもありません。

 

「その時」が来たと思う人たちのために、「その時」のことを考えようとする人たちのために、「死」に関するさまざまな情報や学びの機会を提供し、人のいきかた(生き方・逝き方)を支援していこうとするネットワークです。

 

 


『ACP(アドバンス・ケア・プランニング)』『人生会議』を中心に、死や死別について考えることを記しています。

金子稚子の「とんぼとかめ」日記

医療は人の苦痛を取り除くためにどこまで関わるものなのか (土, 25 7月 2020)
>> 続きを読む


『人生会議(ACP)』には、何より<対話>が必要だと考えます。では、<対話>とは一体何なのか。哲学者の胸をお借りし、ネット上で対話を実践しながら考えていきます。

金子稚子/ライフ・ターミナル・ネットワーク

対話を通して共に探求する (Sat, 04 Jul 2020)
>> 続きを読む


ライフ・ターミナル・ネットワーク

4/1 金子稚子がTOKYO MX「モーニングCROSS」に生出演します
>> 続きを読む