いつか迎える「その時」。情報提供と心のサポート。

組織案内

ライフ・ターミナル・ネットワーク

2012年10月に亡くなった流通ジャーナリスト金子哲雄の妻である金子稚子が創設し、代表を務める活動。

自身の体験により、現代社会において「生」に関する情報だけが広がる状況に、真に死を身近に迎えた人やその家族の生きにくさ、苦しさを痛感し、スタートさせた。

現代医療が日々進歩する中、超高齢社会においては、「死」は私たちにとってもはや身近なものではなくなったといえる。

しかし、高齢者が多いということは、今後、そんなに時を待たずに「死」が大量に増えることは確実といえよう。

「その時」、死にゆく人の尊厳を守ることのできるように、また、残された家族や友人知人が必要以上に悲しまないように、「死」に関するあらゆる情報提供と、心の支援をめざす。

医療関係者や宗教関係者など死が日常にある専門家、死について古人の知恵を伝える学識者、そして、死別を経験して多くを学び得た人たちで構成が連携し、活動を行う。

代表者プロフィール

金子稚子(かねこ・わかこ)

 

ライフ・ターミナル・ネットワーク代表。終活ジャーナリスト。終活ナビゲーター。雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、誰もが必ずいつかは迎える「その時」のために、情報提供と心のサポートを行っている。当事者の話でありながら、単なる体験談にとどまらない終末期から臨終、さらに死後のことまでをも分析的に捉えた冷静な語り口は、各分野の専門家からも高い評価を得て、医療関係や宗教関係などの各学会や研修会でも講師として登壇。さらに、生命保険等の金融関係、葬儀関係、医療・福祉関係、医薬品などの各種団体・企業や一般向けにも研修や講演活動を行う。また、多死社会を前に、人々の死の捉え直しに力を入れ、真の“終活”、すなわちアクティブ・エンディングを提唱。多岐に渡るさまざまな情報提供とともに、自分で「いきかた(生き方・逝き方)」を決める必要性を訴えている。著書に『アクティブ・エンディング〜大人の「終活」新作法〜』(河出書房新社)、『死後のプロデュース』(PHP新書)、『金子哲雄の妻の生き方〜夫を看取った500日〜』(小学館文庫)。一般社団法人日本医療コーディネーター協会顧問。医療法人社団ユメイン野崎クリニック顧問。夫は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄。

 

パートナー

ライフ・ターミナル・ネットワークの活動理念に賛同いただき、ご協力をいただいている各分野の専門家の方々です。

 

嵯峨崎泰子(さがさき・やすこ)

 

医療法人社団ユメイン副理事長。看護師。島根県松江市の高野山真言宗の寺院で生れ育ち、現在も寺院責任役員として運営に従事。看護専門学校、日本女子大学を卒業後、臨床看護師を経て、米国の医療センターでクリニカルコーディネーターの研修を受ける。1995年、自身のがん治療をきっかけに、医療コーディネーターとしての活動をスタートし、2003年には日本医療コーディネーター協会を設立。徹底的に臨床現場を重視し、病院経営や医療コーディネーター育成など多忙を極める中、現在も外来や往診、訪問看護の現場で精力的に活動。精神科医療もカバーしており、終末期にある患者から認知症の高齢者、不妊治療に苦しむ女性、子育てに悩む母親、家族問題を抱える子どもまで、幅広い年齢層、病気、苦しみに対応している。著書に『命を託す主治医が見つかる!』(日本文芸社)、『先生、別の医者を紹介してください!』(日本文芸社)、『話を聴かない耳栓医者と思いを呑み込む仮面患者』(メディカルトリビューン)など多数。「月刊ケアマネジメント」(環境新聞社)、「NHKきょうの健康」(NHK出版)にて連載中。一般社団法人日本医療コーディネーター協会代表理事。2012年に他界した流通ジャーナリスト・金子哲雄の遺志をICTで具現化すべく発案した「医療介護専用SNS メディカルケアステーション」を提供する株式会社日本エンブレース取締役。

 

 

玉置憂子(たまおき・ゆうこ)

 

看護師。僧侶。臨床宗教師。専修大学法学部卒業後、法律事務所で働くも「もっと人の近くで貢献したい」と退所。その後、国立東京病院附属看護学校で学び看護師、看護教員の免許を取得し、臨床で看護師として働きながら、国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻にて看護管理学修士、医療福祉政策学博士課程を修了。看護学校で教鞭をとる中、2012年6月に最愛の夫と死別。その後、高野山真言宗にて学び、僧籍を修得。看護師、僧侶として医療・宗教の分野から死を見つめ、伝えていく活動をスタートさせた。医療にも宗教にも偏らないバランスの取れた講座は、非常にわかりやすく、定評がある。主として在宅医療の現場では看護師として、ホスピスなどの施設では僧侶として活動中。さらに地域では、子供食堂を主催。福祉関係者だけでなく医療や宗教の関係者までもがつながる地域づくりにも力を入れている。子が学ぶ親の介護と看取り養老指南塾代表。僧名は玉置妙憂。

 

 

志村直隆(しむら・なおたか)

 

ファイナンシャルプランナー。東洋大学を卒業後、教育図書販売会社に入社。家庭向け学習教材の営業を経て管理職、さらに支社長を経験し独立。子どもの教育に悩む保護者の話をさまざまに聞く中で、何よりも住宅ローンと教育費といったお金の問題に大きな不安がある保護者の多いことに気づき、ライフプラン全般に対応できる第三者が必要だと痛感したことから、金融の道に入ることになった。2012年、くも膜下出血で倒れるが後遺症ゼロで復帰後は、そうした自身の体験からも想定するリスクに対応する大切さを説く。信条はクライアントの人生にずっと伴走し続けること。さまざまなことが起こるその人の人生において、変化を見逃さずに対応できるようにと、金融知識はもちろん、医療や法律にも詳しい。ソニー生命プロフェッショナルエージェント。2016MDRT終身会員(’03〜14回登録)。株式会社インテリジェンスコンサルティング代表。