いつか迎える「その時」。情報提供と心のサポート。

組織案内

ライフ・ターミナル・ネットワーク

2012年10月に亡くなった流通ジャーナリスト金子哲雄の妻である金子稚子が創設し、代表を務める活動。

自身の体験により、現代社会において「生」に関する情報だけが広がる状況に、真に死を身近に迎えた人やその家族の生きにくさ、苦しさを痛感し、スタートさせた。

現代医療が日々進歩する中、超高齢社会においては、「死」は私たちにとってもはや身近なものではなくなったといえる。

しかし、高齢者が多いということは、今後、そんなに時を待たずに「死」が大量に増えることは確実といえよう。

「その時」、死にゆく人の尊厳を守ることのできるように、また、残された家族や友人知人が必要以上に悲しまないように、「死」に関するあらゆる情報提供と、心の支援をめざす。

医療関係者や宗教関係者など死が日常にある専門家、死について古人の知恵を伝える学識者、そして、死別を経験して多くを学び得た人たちで構成が連携し、活動を行う。

代表者プロフィール

金子稚子(かねこ・わかこ)

 

ライフ・ターミナル・ネットワーク代表。終活ジャーナリスト。終活ナビゲーター。雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、誰もが必ずいつかは迎える「その時」のために、情報提供と心のサポートを行っている。当事者の話でありながら、単なる体験談にとどまらない終末期から臨終、さらに死後のことまでをも分析的に捉えた冷静な語り口は、各分野の専門家からも高い評価を得て、医療関係や宗教関係などの各学会や研修会でも講師として登壇。さらに、生命保険等の金融関係、葬儀関係、医療・福祉関係、医薬品などの各種団体・企業や一般向けにも研修や講演活動を行う。また、多死社会を前に、人々の死の捉え直しに力を入れ、真の“終活”、すなわちアクティブ・エンディングを提唱。多岐に渡るさまざまな情報提供とともに、自分で「いきかた(生き方・逝き方)」を決める必要性を訴えている。著書に『アクティブ・エンディング〜大人の「終活」新作法〜』(河出書房新社)、『死後のプロデュース』(PHP新書)、『金子哲雄の妻の生き方〜夫を看取った500日〜』(小学館文庫)。一般社団法人日本医療コーディネーター協会顧問。医療法人社団ユメイン野崎クリニック顧問。夫は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄。